ロキソニン
2012/05/09
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Cybia Software からフリーで配布されているPhotoshopのプラグイン、「AlphaWorks」についてご紹介です。

画像の白もしくは黒の要素を取り除いて透明化してくれるという優れもののこのプラグイン。
特に絵師さんがイラスト描く際に「線画抽出」として利用されてることが多いようです。

Web制作とかでは、テクスチャとか作るときなんかにいいんじゃないでしょうか。

参考にさせていただいたリンク先

既にいろいろな所で紹介されているので、記事を書くにあたって参考にさせていただいたサイトです。ありがとうございました!

AlphaWorksについて

対応環境

  • Windows XP / Vista / 7 (32bitのみ)
  • Adobe Photoshop 6.0 以降のバージョン
  • Photoshop Elements 3.0 以降のバージョン
Macの記述がないので気になったのですが、当方Mac環境がないので動作確認できませんでした…
【追記13/4/14】記事を書いた当時はVista(32bit)環境だったのですが、7(64bit)になってからこのプラグインを使ってみようと試したらフィルタメニューに反映されませんでした。調べてみたら64bit環境には対応していないようです。。

ダウンロードとインストール

http://www.cybia.co.uk/theworks.html

Cybia Software の右にあるDownloadボタンで「TheWorks-Setup.exe」をダウンロード。

落としてきたexeファイルを開き、インストーラを進めていきます。

インストーラで、ファイルの解凍先を問われるので、Photoshopの環境設定で設定している、追加のプラグインフォルダを指定すると良いと思います。

インストールが完了したら、(Photoshopを起動しているときはいったん終了して)Photoshopを起動すれば、フィルタメニューに「Cybia」の項目が追加されているはずです。

解凍されたファイルたち

Cybiaフォルダの中にTheWorksフォルダがあり、中にはAlphaWorks以外のプラグインも入っていました。

どんなプラグインでしょうね、気になります。後でいじってみよう。

実際に使ってみた

白と黒に反応するということで、陰陽の画像を使って検証してみました。ちなみに、検証した当時の環境はPhotoshop CS です。

まず、フィルタメニュー→Cybia→AlphaWorksを選択。
すると、別ウィンドウが表示されて細かい設定をすることができます。

コンボボックスには6種類のモードがあります。読んだだけじゃよくわからなかったのでとりあえずそれぞれのモードを試してみました。

※背景レイヤーだと透過が確認できないので、別レイヤーにして実行するとわかりやすいです。

PHOTO BlackOut – remove from colour image

白を残して、黒を透過させるモードらしい。

PHOTO WhiteOUT – REMOVE FROM COLOUR IMAGE

ホワイトアウトということで、上とは逆に黒を残して白を透過してる。
緑の部分もうっすらしてる。

MONO BLACKOUT – REMOVE FROM mono IMAGE

モノトーンに変色されて、黒が透過。

MONO WhiteOUT – REMOVE FROM MONO IMAGE

こちらも上と同様グレースケールになって、白が透過。

LINEART BLACKOUT – REMOVE FROM BW lineart

モノトーンというよりは、緑の部分が白ベースの透過になってる。こちらは黒を透過。

LINEART WhiteOUT – REMOVE FROM BW LINEART

緑色が黒ベースの透過になっていて、白が透過されてる。

応用すればいろいろ使えそう

今回は6つのモードを選択しただけですが、右側にRange、Red、Green、Blueのバーがあるのでそれを変更するとまた違った効果になると思います。赤っぽく透過させる…とか。具体的にいい使い方が思い浮かばないですが、Photoshopでの表現が広がりそうですね。

何か面白い加工の仕方がありましたら教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

now loading...